生きる力を育む場所を一緒につくってもらえませんか?

『ひと・もの・こと』が循環する優しい地域をつくります

「学校に行かない」「学校に行けない」そんな子どもたちに"自分と向き合い、自分を学び、自立に向けて生きる根っこを育んでほしい"との思いから、広島にあるNPO法人「フリースクール木のねっこ」ではのびのびと自然の中で過ごせる学びの場を提供しています。

 

木のねっこでは、事業の一環として循環型社会イベント「木のねっこふぇす。」を年に2回開催しています。

このイベントは、木のねっこの様々な活動の中でも、とても大きく重要なものです。

これからイベント会場のある里山の地域社会との協働を地道に目指しながら、子どもたちに福祉・教育・世代を越えたつながりを持ってもらうことで「学習」「経験」「実践」できるようにしていく、という目的があります。

そのイベント会場となる広島県山県郡北広島町の木のねっこログに、これからステージや食事をすることができるウッドデッキや野外炊飯のためのアースオーブンとかまどを作る予定です。

アースオーブンとは、土でできた窯のこと。 その歴史は古く、アメリカ大陸、中東や北アフリカなど世界中のあちこちで使われていました。 土と砂・水があればどこでも作れ、壊れたりひびがはいっても補修も簡単。 そのうえ役割を終えたら、もとの場所に土や石として還すことができるエコな窯です。


◉ウッドデッキの必要性

・出店や食事ができ、人が集いやすく居心地よい環境。地域の方も気軽に足を運びやすい場所となる。

・ログ内は狭く、人が大勢入れない。夏は風通りが悪く蒸し暑い。

・多種多様な生き方をしている大人や、子どもたちのステージ発表、ライヴ、恒例の相撲大会も見やすくなる。

・ワークショップ形式で製作。DIY知識の共有ができ、いろんな人とつながり、創造できる。地域の方との交流や協働のきっかけになる。



◉野外アースオーブンとかまどの必要性

・地球にやさしいエコなキッチン。体と心に優しい手作りの食事作りで、食の大切さを伝える。

・野外炊飯で、食と関わる機会をつくり、生きる力を育てる。

・廃木材を使い調理する。無駄をはぶきエネルギーを循環させる。

・ウッドデッキ同様、ワークショップ形式。


ウッドデッキ、野外のアースオーブン、かまどの完成予想図

 《しかし、現在、資金が足りません。》

フリースクールに対し、現在、公的な補助は一切ないのです。

そこで、私たちの活動を支え、応援してくれる方を募集しています。


【50万円が必要です】

ココロザシ応援プロジェクト交流会の様子。中国新聞に掲載

完成までに必要な金額は98万円。そのうち48万円は広島県『さとやま未来博2017 ココロザシ応援プロジェクト』より補助をいただく予定です。

残りの50万円が必要です。

これからの地域協働の取り組みへの挑戦、子どもたちの自立に向けての活動に、どうかご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

ログ内は狭く、デッキのない現在はギュウギュウです。
以前のふぇす。の様子。ウッドデッキができたら、飲食や出店もしやすくなります。
ふぇす。恒例の相撲大会やライヴも、ウッドデッキから観覧できるようになります。

ふぇす。では、これまで、こんなことをしてきました…


子どもたちが出店します。

・地元の木工屋さんや技術を持った方に習い、木工製品を作って販売

・段ボールでガチャをつくってゲーム

・輪ゴム鉄砲ゲーム場をつくる

・パンケーキ屋さん

・手作り小物販売(羊毛フェルトマスコットや木のアクセサリーなど)

・地元の陶芸家の方に習い、陶芸品を販売

・手作りジュース屋さん


自然でエコな出店者さんも来ていただきました。

・自然農や有機野菜屋さん

・リフレクソロジー

・カイロプラクティック

・おしゃれでかわいい手作り小物雑貨

・心と体に優しいおやつ販売

・手作り木工製品の販売

・フリーマーケット

・オイルトリートメント

などなど


木のねっこからも出店しました。

・木工ワークショップ

・フリーマーケット

・食育ランチ試食

・スイーツクッキングワークショップ


イベントも目白押し

・歌手の方々のライヴ(hyoutamiさん、どれみちゃん)

・マジックショー(響仁さん)

・木のねっこ大相撲

・笑いヨガ

・木のねっこダンス、ミュージカル発表

・コーラス発表


次回、秋のふぇす。は9月15・16・17・18日を予定しています。早くも参加表明いただいている方も!

【ご支援いただくと、こんなメリットがあります】

•子どもたちがお店を出店。自分で企画し、作り、売ることで、仕組みを知ることができる。

人との交流の機会ができる。

自分の力がよくわかる。

試行錯誤で次につながる意欲や自信がもて、将来の自立につながる。


•地域内外や他のフリースクール、ホームスクールの方、市民団体、多様な社会人との実践的な関わり、異種業間交流、情報交換の場所となる。


•「ひと」「もの」「こと」が循環するので、一人一人が大事にされ、必要なものが必要なひとに届き、得意なこと好きなこと、創造性を発揮し、たくさんの人とつながり豊かな場所となる。


•この活動を広げることで、木のねっこだけでなく、全国のフリースクールや地域協働のモデルとして参考にしてもらうことができる。



以上のように、

ウッドデッキと野外炊飯場ができると、

たくさんのメリットがある、ふぇす。に多くの人を招致できるのです!!

《支出内訳》 [需要費 ]405,000円 ウッドデッキ木材等.アースオーブン・かまど土・煉瓦 機材(電動ドライバー、ドリル、のこぎり、ノミなど) 調理機器 [賃借料]25,000円 ユンボレンタル [委託料]50,000円 [講師謝金]20,000円 合計 50万円

【プロジェクトの詳細について】


■募集期間 6月9日(金)〜7月14日(金)

 

■ご入金方法

①手渡し(領収書発行します)

②ゆうちょ銀行口座へご入金

   ゆうちょ銀行からのお振込

 特定非営利活動法人フリースクール木のねっこ

 記号15100番号30494791

③ゆうちょ銀行口座へご入金

   他銀行からのお振込

   特定非営利活動法人フリースクール木のねっこ

 518普通3049479

 店番518

 店名五一八


■ご入金金額

3,000円、5,000円、7,000円、10,000円、20,000円、30,000円、50,000円よりお選びいただけます。(リターン商品あり)

詳細はこちら→

 

■お申し込み方法

①当サイトのお申し込みフォーム→

②メール info@kinonekko.info

③Facebookメッセージ (Facebookページ 特定非営利活動法人フリースクール木のねっこ)

④電話 082-516-8737(平日10-15時)

 

※お申し込みの際に、

ご氏名、ご住所、入金方法、ご希望のリターン商品(金額)、個人情報に関するアンケート(下記参照。はい、いいえ)をご記載またはお伝えください。

 

⚫︎個人情報に関するアンケート

木のねっこに関する情報をメールまたは郵送でお知らせすることにご承諾いただけますか?「はい」または「いいえ」でお答えください。

「いいえ」の方の個人情報は、リターン配送までは慎重に情報を管理し、その後は破棄致します。

また、「はい」とお答え頂いた方の個人情報に関しましても同様に慎重厳格に管理致します。


みなさまのご支援、ご協力をお待ちしております!!!



ご支援金の集計結果を日々更新してお伝えしています。

プロジェクト日記はこちら→

NPO法人フリースクール木のねっこ 事務所

広島県広島市安佐北区亀山3-14-20別棟

082-516-8737(平日10〜15時)